東京吉祥寺 手相・タロット・紫微斗数占星術 

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

志田流 紫微斗数理論構築に至るまで

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab2

志田 博基 

1984年埼玉県生まれ。

20歳から手相鑑定を始め、鑑定歴は10年以上。

22歳の時に手相家の西谷泰人先生に出会い、

運命学や流年法を習得する。(15期卒)

24歳から東洋占術の「紫微斗数」に興味を持ち、

手相の流年法と整合性を取りながら、

独自に発見した手法で検証を始める。

26歳から静岡県浜松市にて鑑定をスタート。

プロとして鑑定を続けていく中で、これまで伝わってきた定説や解釈の間違いに気づく。

「どの占いで見ても答えは同じになる」という考えのもと、

「手相」と「紫微斗数」を合わせた「紫微マトリックス理論」を完成させ、

現代に合わせた星の解読や宮の解釈を確立させる。

2016年に結婚。活動拠点を浜松から吉祥寺に移す。

img_0265

よくあるご質問はこちら

年別アーカイブ

お知らせ (カテゴリー別)

PAGETOP
Copyright © 志田博基 鑑定オフィス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.