東京吉祥寺 手相・タロット・紫微斗数占星術 

手相鑑定Q&A<恋愛編>

  • HOME »
  • 手相鑑定Q&A<恋愛編>

Q: 右手?左手?どちらの手でみるの?

img_8237isumi_tp_v

A: 両手で判断します。

 

両手を見比べてみると

67割くらいの方は両手とも殆ど同じ手相なのですが

全く違う手相の人もいます。

ですので、お客様からは

「どっちの手でみるんですか?」

と聞かれたりします。

左手は「先天」「先祖」「相手から」いただく手相であり

右手は「後天」「現状」「自分から」つかみ取る手相と覚えておいてください。

左手が「過去」で、右手が「未来」と解釈している人や、

「男性」は左手、「女性」は右手でみると思っている人もいますが

これは間違いです。

過去も現在も未来も男女とも「両手」に出ていますから。

手のひらを胸の前で合わせて「合掌」するポーズも

先祖からの運を右手に移すポーズでもあり、

精神性を大切にする日本人は昔から手を合わせる習慣がありますよね。

『先祖を敬い手を合わせる』

素晴らしい文化だと思います。

 

恋愛においては、

「相手から」好意を抱かれていると左手に生命線と感情線を結ぶ「恋愛線」があり

「自分から」相手を好きになっていると右手に「恋愛線」があります。

同じ流年に恋愛線があればほとんどがその年齢で結婚されていますね。

%e6%81%8b%e6%84%9b%e7%b7%9a

 

Q: 結婚運は「結婚線」で見るんですよね?

wedding-855424

A: いいえ、あまり重視していません。

 

小指下の「結婚線」を気にされる女性は多いのですが、

鑑定の際に僕が見ているポイントは

線の先が

上に向かっているか?下に向かっているか?

ということ。

「結婚運」をみるのではなく、

「異性や配偶者とのコミュニケーション能力」を読み取る線だと

僕は解釈しています。

%e7%b5%90%e5%a9%9a%e7%b7%9a

現状、結婚されていて、

結婚線が上に向いていれば夫婦関係は円満になりやすいですし、

異性から魅力的に見られやすい人が多いです。

しかし、

下に向いていると恋愛に興味がないのか、自分は好かれないと思いこんでいるのか

出会いや異性そのものに関心が向いていない人が多いです。

あくまでも現状の認識が線となっているので、結婚線は変わりやすいですよ。

 

手相鑑定していて気付きましたが、

今のご年齢が70歳以上の方は殆どが遅くても26歳までには結婚されています。

昔は「お見合い」が主流でしたので、恋愛観が今とはかなり違うようです。

手相も時代背景や価値観によって線の出方や意味合いは大きく異なります。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 090-2487-3184 受付時間 10:00 - 21:00

よくあるご質問はこちら

年別アーカイブ

お知らせ (カテゴリー別)

PAGETOP
Copyright © 志田博基 鑑定オフィス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.