東京吉祥寺 手相・タロット・紫微斗数占星術 

従来の手相学の誤りと紫微斗数の関係

  • HOME »
  • 従来の手相学の誤りと紫微斗数の関係

「命術」と「相術」について

「紫微斗数」「手相」

この二つのもっとも大きな相違点は、『命術』か『相術』かという点です。

dna-1500076_1920

東洋占星術の紫微斗数は『命術』に属し、生年月日と出生時刻から運勢を見る占いです。

一方、手相は『相術』に属し、その形や様相から判断し運勢を占います。

占いを学び始める人は手軽に始められることもあり、

「手相」から学びはじめる人が多いと聞きます。

さて、

『すべての占いは同じ答えになる』

という言葉は聞いたことはあるでしょうか?

例えば、手相占い師に言われた『婚期』の時期と、

紫微斗数鑑定士から聞いた『婚期』が一致していたとか。

使う占術は異なっても、

見ている本質は同じなので『答えが一緒』になるのです。

ちなみに僕の鑑定では、

手相の「流年法」紫微斗数の「飛星法」を組み合わせ

「いつ」「どんなこと」が起こるのか、未来の出来事を分かりやすくお伝えしています。

手相は『相術』に属しますが、

『命術』である紫微斗数から見た視点を加えて少し解説してみたいと思います。

 

これまでの手相学の誤り

20歳から手相の研究をはじめ10年以上が経ちました。

初めは趣味の延長で手相を見ていましたが、

研究に没頭し、その後、東洋占術の「紫微斗数」に出会い、

自分の適性を知りこの世界に脚を踏み入れました。

占いの研究を続けていくうちに、

手相と紫微斗数との相関関係

東洋占術との吉凶の関係など、

様々な整合性が見えてきました。

「東洋占術は何を表しているか?」

僕は手相の丘に紫微斗数の星を絡めながら吉凶の謎を解きました。

先にお断りしておきますが、

従来の手相の「丘」の配置にはいくつか誤りがあります。

手相を学んだ方ならご存知だと思いますが、

従来の手相の丘の説明には、

西洋占星術の惑星を配置させたものが一般的に使われています。

 
         従来の説

%e5%9b%b37

ここで注目するのは

天王星と海王星が存在していない

ということです。

いつ頃から手相に惑星を配置させる概念が

出来たのかわかりませんが

天王星が発見された1781年よりも

以前だと思われます。

そして、

手相を解読するにはいくつか法則があります。

1、左右の意味は対の関係

2、線はどこで始まりどこに向かうのか?

3、知能線の上は感情線、感情線の上は感性(上にいくほど高次元)

そして、

従来の学説では親指の付け根が「金星丘」となり、

薬指の付け根が「太陽丘」になっていますが

これは明らかに間違いです。

          新説

%e5%9b%b38

正しくは左図の通り、

親指の付け根が「太陽丘」で

薬指の付け根が「金星丘」と

なります。

有名な「金星帯」と言われる線も

「金星丘」のエリアと合致しますので

確実です。

また、

「第一火星丘」が「天王星」で

「第二火星丘」が「海王星」になります。

そもそも西洋占星術でみる星の意味はとても重要で

特に太陽は「自分そのもの」を表します。

つまり、「太陽」は『自分』『男性』『知性』ですから、

『大衆』『女性』『感性』を表す「月」とは対の関係にならないとおかしいのです。

また、西洋占星術では「太陽」と「月」は大変重要な星であり、

手相の丘の面積から考えてみても

一番膨らみのある親指の付け根が「太陽」でないと辻褄が合いません。

そして、太陽の『自分』を高次元化させた惑星が「天王星」であり、

紫微斗数では『七殺星』となり

月の『感性』を高次元化させた惑星が「海王星」であり、

紫微斗数では『貪狼星』と重なります。

%e5%9b%b39

手相では、

生命線の起点(スタートする年齢)が

「15歳」と言われ、

ちょうどその位置が『七殺星』(「天王星」)

位置にあたりますが、

この頃は「自我」が強くなる思春期にあたり、

いわゆる「やんちゃ」な時期

まさに『七殺星』のキャラクターと重なります。

 

%e5%9b%b366

また、

『七殺星』、『破軍星』、『貪狼星』は

紫微斗数の命盤の構成上、

必ずトライアングルを形成しますが、

同じく、手相においても

トライアングルを形成することが

見て取れます。

 

このように紫微斗数の主星を、手相の丘に対応させて考えると

星のキャラクターや性質がより明確に理解できると思います。

「西洋占星術」と「手相」の関係は良く知られていますが、

「紫微斗数占星術」と「手相」の関係を著した書籍はなく、

やや異色の組み合わせではありますが『整合性』が取れてこそ

説得力も高まります。

講座ではオリジナルテキストを使って、より詳細に解説しています。

興味のある方は是非ご参加ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 090-2487-3184 受付時間 10:00 - 21:00

よくあるご質問はこちら

年別アーカイブ

お知らせ (カテゴリー別)

PAGETOP
Copyright © 志田博基 鑑定オフィス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.