3月に入り、講座開催に向けて準備を進めています。

本日は前回の講座を受講された生徒さんの講座の感想を

ご紹介したいと思います。

この方は男性で、僕とは年齢も近くお仕事と子育てもある中、

最後まで熱心に紫微斗数を学ばれました。

**************

今回飛星派の紫微斗数の講座を初めて習いました。

受講前、市販の書籍や通信講座のような方法で、基礎的なこと(命盤の概要、宮や主星の種類と意味など)には触れたことはありました。

いずれも三合派に近く、星、星の輝度、宮の意味をまずは覚える必要があるのですが、その時は全く覚える気にならず、眺めて勉強が終わってしまっていました。

今思うと、自分の中で勉強する準備が出来ていなかったのかもしれません。

紫微斗数に関する情報を探していた時、アメブロの記事がヒットし、リニューアルしたHPも合わせて拝見し、すごく研究されているところに魅力を感じました。

志田先生の講座がお休み期間、何故か「いつか紫微斗数を教えてもらうために、とりあえず連絡しておこう」と思い立ち、ブログの感想を送ったのですが、講座はだいぶ先だろうと思っていました。

思っていたより早く講座の案内があり驚くとともに、紫微斗数を習う時期、習う人の縁が出来たように感じます。

今回私が感じたことは、自分がなぜ紫微斗数を習いたいのか、紫微斗数を通じて何を見たいのか、自分の中の問いが大事だということです。

自分に関する問いがあったことで、講座を続けることができ自分の命盤とも向き合う時間を持てたと思います。講座を通じ、自分のこと、この先の道筋が見えたように思います。

志田先生の講座はブログにもある通り、他の紫微斗数とはやや違う切り口ですが、良く整理されていたせいか理解しやすく、覚えるルールの量もそこまで多くない方かもと感じたくらいです。

志田マトリクスや大限飛星の法則、先天盤の解釈など、講座で習うメソッドを基に多くの例題に取り組み、運命の流れや事象として現れたトラブルなどがビシバシ当てはまっている事例を目の当たりにしました。他の紫微斗数を習う前に習えたことで、磐石な土台を固めることが出来たと思っています。

2週間に1度の講座も、準備や復習に思っていたほどまとまった時間がとれず、深堀もそこまで出来なかったかも知れませんが、本しか読んだことのない素人でもここまで命盤が見れるようになったことは結構な前進だと思っています。

講座の中で一貫して仰っていましたが、占術を使う人、受け取る人それぞれに心の鍛練が求められますね。実はこの匙加減が一番難しいかもしれません。

講座の枠に留まることなく色々な話をして頂き、大変勉強になりました。結局根本は同じだということを確めるために他の領域にも視野を広げていくと、ホントに占術ネタだけで飽きない人生が送れそうです。(いいか悪いかは別ですが。)

しばらくは紫微斗数をさらに磨きレベルを上げたいと思います。私もどんどん興味の向くままに占いの勉強を続けていきます。また占術話で盛り上がりたいですね!

よい学びの時間をありがとうございました。

**************

感想にも書かれていますが、

自分がなぜ紫微斗数を習いたいのか、

紫微斗数を通じて何を見たいのか、

自分の中の問いが大事だということです

本当にそうだと思います。

占いを学びたい動機は人それぞれだと思いますが、

占い師になりたいのか、人生のヒントにしたいのか、

家族の命盤を見てみたいのか、自分をもっとよく知りたいのか、

占いを何に生かしていくのかを明確にしておくことが重要ですね。

 

予備知識なしでも、講座が終わることには命盤を読むことができるように

なっていましたから、きっと今では随分と実力をつけているのではないかと思います。

初心者の方も興味のある方は是非ご参加ください。

ご感想にもあるように、

「紫微斗数を習う時期、習う人の縁が出来たように感じます」

今回も縁ある方の参加をお待ちしています。