しばらくぶりの更新になりましたが、

5月27日をもって紫微斗数講座の第5期が終了しました。

基本的なスタンスはこれまで通り、新たに必要な知識を伝え、

ひたすら例題を読み解いていく反復練習の繰り返しです。

新しい知識としては

「十二宮の4つのグループ分け」

最終講義では飛星表の(化禄と化忌)の関係性

について説明させていただきました。

また僕のほうも受講生さんのなにげない一言から

この星には、こんな象意が隠されているのか!

と気づかされることが毎回あります。

今回の講義では天機星の隠れた一面が見つかりました。

僕は教えている立場ではありますが、

同時に教わっている立場でもあり、

毎回知り得た知識は出し惜しみせずに全力でお伝えしています。

占い業界、特に東洋系の占いはそうですが、

秘伝とか奥義とか何年もかからないとなかなか教えてもらえない所も

多いですが、あまりに閉鎖的な考え方や教え方では

業界のためにはならないのではないかと考えています。

さて話は変わりますが今日の本題です。

今回は吉祥寺で鑑定をスタートして間もないころのお客様(N様)から

その後のご報告を頂きました。

N様の鑑定当時の感想文はこちらの記事でご紹介しています。

メール鑑定のお客様からご感想をいただきました

当時のこのブログ記事の中では伏字にしてあったのですが、

僕はN様の命盤から

出会いの時期は2018年ですよとお伝えしてあったのです。

しかも手相だと30歳で開運線が伸びているのを確認出来たので

そのように2016年の秋にお伝えしてあったのですが、

今年2018年に入って早速良い出会いがありましたと

大変嬉しい報告をいただきましたのでご紹介させていただきます。

ご本人に掲載の許可はいただいております。

以下が頂いたメールです

********

2016年11月にメール鑑定でお世話になった、Nです。鑑定メールをいただいてからもご丁寧に質問に答えてくださり、また、感想をHPに掲載していただいたこと、大変感謝しております。

「出会い・婚期の運気が高まるのは2018年と2021 年」「出会う年かもしれないし、実際に結婚する年かもしれない」「手相だと30歳のときに右手に開運線」との言葉をいただきました。2018年の結婚を夢見て、2017年春から婚活を始めました。
 昨年は二人同時にときめく出会いがあったものの…一人は、私には好意があったものの、あまり誠実ではなかったので縁を切りました。 もう一人は、誠実でないもう一人の方に心奪われてたので「好きな人ができた」とフェードアウトしてしまいました。失恋後はしばらく婚活を休止しまして。

そして今年、2月から再開させ。今年2回目に参加した婚活パーティーで出会った男性と現在お付き合いしております。
昨年婚約者に「好きな人ができた」と婚約破棄された男性で、恋愛に臆病になっていたようで。頻繁にデートするものの進展がなく少々不安でしたが、出会って2ヵ月後に告白。その2週間後には、わたしの両親へ挨拶に来ていただきました。

本当にとんとん拍子でびっくりしております。 結婚のご報告ではなく申し訳ございません。けれどとても自分の中では大きなことなので、ご報告させていただきました。

婚活って恋愛感情がわくものではないと思っていましたが、この年でときめきのある恋愛ができたこと、嬉しく思います。 志田先生が開運線は「本人がやった~と思えることが起こる」と教えてくださいましたが、本当にその通りになって嬉しいです。紫微斗数の婚期の法則も、2018年にいい出会いという点で当たりました。

私は彼氏いない歴=年齢でしたが、それも認めてくれ、大事にしてくれています。優しくてまっすぐで誠実な方です。どうなるか分かりませんが、もし結婚となったら、また報告させてください。(気が早くてすみません)相性を見てもらいたい気もしますが、出生時間が分からないし、ちょっと怖いので辞めておきます(笑)
********

以上。

この先の未来ってどうなっているのだろうか?

不安になっているから未来を知りたい。

でも少し考えてみましょう。

占いや運命学に興味がないほとんどの人は

過去→→→現在→→→未来

と時間の流れは一定方向に進んでいると考えています。

しかし運命学を研究している占い師の視点はこうなります。

過去→→→現在←←←未来

基準点を未来においています。

よく占い師の言う

「あなたは将来〇〇になるでしょう」とか

「この運命は避けられないのです」

などという言葉も

未来の情報を読み取って現在の意識や思考に影響を与えている

のです。

つまり

現在(お客様の状況)←←←未来(鑑定士の予測)

です。

未来にそうなる(2018年に出会いがある)と知ることができたから、

今そのための行動(婚活)をスタートさせてみる。

そのきっかけを作るために占い鑑定を申し込まれたともとれますね。

過去→→→現在←←←未来

科学的にみていくと量子力学の世界では

時間は正方向にも、逆方向にも流れています。

わかりやすく説明すると

今現在の意識や思考そのものが

未来にも、過去にも影響を与えているのです。

占い師から言われた言葉は良くも悪くも影響力を持つものですが

プラスに働けば(未来の幸運を確信出来れば)

鑑定を受ける意味はありますが

マイナスに働くと不吉なアドバイスなどで意識や思考が囚われると

未来にも悪い出来事が作り出されてしまうのです。

鑑定士から言われた言葉が、

お客様の頭の中にイメージとして残ると

本当にそのようになってしまうのです。

でも決して未来は一つではなくて、

変更も可能ということ。

今ここで〇〇になろう!~したい!

と思えば未来にそうなる選択肢が一つ追加されます。

逆に特に目標もなく、漫然と流された日々を過ごしていれば

現状維持の未来が約束されることになりますね。

N様のケースでは、

過去に彼氏がいなかった

今現在もいない

このまま結婚できないのではないか・・

ではなくて

2016年の秋、2018年に出会いの運気が巡ってくることを知った

つまりこの瞬間から開運がスタートしたと言えるのです。

ここで重要なことは

2018年に良い出会いがありますよという情報を

2016年秋にただ知っただけで終わらず、

2017年春から未来につながる行動を実際にとられた

ということですよね。

手相や命盤から読み取れる情報は現実化しやすいことは事実

なのですが100%ではありません。

あくまでも予定として命盤や手相に印されているだけです。

よい情報はあらかじめ知って今すぐに行動に移してみる!

これが占いの有効な使い方ですね。

N様、本当におめでとうございます。

引き続き嬉しいご報告がいただけるのをお待ちしていますね!