さて前回のブログでお伝えしましたように、

今日から紫微斗数基礎編ということで

講座までに少しずつ基本的な事柄を押さえておきたいと思います。

 

第1回目の今日はまず東洋占術の基本となる

「十干・十二支」について見ていきます。

 

東洋占術を学んでいくと

干支(かんし)という言葉がよく出てくるのですが

干支とは「十干(かん)」と「十二支(し)」のことを意味します。

十干と十二支は次のとおりです。

 

どうでしょうか、全部読めますか?

「十干・十二支」という言葉はひょっとしたら聞いたことが

あるかもしれませんし、「十干」は全部読めなくても

「十二支」のほうは普段からよく使いますから馴染みがありますね。

 子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)

という順序でとにかく丸暗記して覚えたこともあるのではないでしょうか。

なので、「何歳(なにどし)生まれ?」

「あなたの干支(えと)は?」と聞かれると、

「ネズミ」とか「ウマ」と答えられますよね。

また、「2018年の今年の干支(えと)は?」と聞かれると、

「イヌ」と答えるのが一般的だと思います。

私たちは「干支(えと)」=「十二支」というニュアンスで考えていますが、

本来であれば干支とは「十干」と「十二支」の総称ですので、

今年の干支は正しくは「戊戌(つちのえいぬ)」ということになります。

ところで十二支には覚えやすいように動物の名前がつけられていますが、

漢字の読み方に苦労した覚えはありませんか?

「子」がなんでネズミ?

ヒツジが羊じゃなくて「未」??

「午」がウマで「丑」がウシ???

ちなみにネコ派の僕は

十二支になんで猫が入っていないのかと思っていましたが(笑)、

チベットやベトナムでは「卯」の代わりに「猫」が入っているそうです。

またモンゴルでは「寅」が「豹」に変化していたりなど、

国によっても動物の表記に微妙な違いはあるようです。

というのも、

実は十二支はもともとは動物を表すために作られたものではなく

時間と空間を表す記号として生まれたものなのです。

今でも時間や方位を表す言葉として使われるのは見たことがあると思います。

例えば私たちは普段から

前」「後」「正」などと言いますが、

これらはすべて「」の時刻を基準とした言葉ですし、

鬼門の方位を「丑寅」の方位と言ったりもしますが、

これらはすべて時間と方位を十二支でとらえているだけのことですね。

 

なぜこうした十干十二支が紫微斗数で必要なのかといいますと、

以前、こちらの記事にも書いていますが、

紫微斗数は旧暦(太陰太陽暦)を使用しますので、

命盤と呼ばれるホロスコープを作る前に

生年月日を旧暦に変換する必要があります。

例えば、本日、2018年1月22日を旧暦にしますと

と暦の上では記されているわけです。

青い文字が十干赤が十二支で、

年、月、日のそれぞれが「十干十二支」で表されていることが分かります。

ここで注意したいのは、

1873年、明治に入って採用された太陽暦(現在の暦)では

すでに2018年はスタートとしているのですが、

旧暦を使う紫微斗数では今はまだ2017年

2018年の始まりは旧正月の2月16日からとなり

そこからようやく戊戌の年運がスタートするということなのです。

ですから、本日の時点ではまだとなっていることに

注意してくださいね。

また紫微斗数では出生時刻も考慮しますが、

年、月、日だけではなく、時間も十二支を使って表されます。

他にも、紫微斗数で使う命盤は次のようになっているのですが、

「子」から始まり、順に次のように十二支が配置されています。

西洋占星術では1ハウス、2ハウス・・・という感じで

12ハウスまで数えていきますが、

紫微斗数では1ハウス、2ハウスの代わりに

子の宮、丑の宮・・・という並びで十二支で表記しているわけです。

そしてこの十二支の配置はすべての人の命盤において同じです。

十二支の配置は同じですが、ここに入る十干が変わってきたり、

星の配置などが人によって違ってきますので、

そこから運勢の吉凶を判断していくというわけです。

またのちに活盤飛星といったことにも触れますが、

その際にもこの十干十二支は繰り返し出てきます。

最初は見慣れない漢字に戸惑うかもしれませんが大丈夫です。

何度も何度もやっていくうちに自然と頭に入ります。

ですので、今のうちに十干十二支の順番と読み方までは

覚えておいていただくとさらに理解が早いかと思います。

次回も「十干・十二支」についてもう少し詳しく書いてみます。