キャリアウーマンのネタで大ブレイク中のブルゾンちえみさん。

最近はドラマでもCMでも見かけますし、今年ブレイクした芸人さんの一人ですね。

出生時刻が14時頃だと知りましたので命盤を作ってみました。

ちなみにご本人は西洋占星術が得意だそうです。

 

紫微斗数で見ますと、紫微宮に文曲星が入っています。

文曲星は学問を司る星ですので、

命盤を見る限り、知識や学問に対する興味は

人一倍強いものをお持ちであることが分かります。

特に亥と子の宮に入った文曲星は

占いや心理学などに興味を持つ人に多い配置で

自然と物事の背後関係や形而上学に興味関心が向きやすいと思います。

プロフィールを見ると

「父親の影響で教員を目指していた時期もあった」

とありますが

父母宮の飛星や子女宮を見ると、

「教えること」に適性があるのも見て取れます。

学校の先生になっていたとしてもおそらく人気があったと思いますね。

 

紫微タイプで見るとブルゾンちえみさんは亥の紫微七殺タイプですので、

紫微タイプで見る2017年はどんな年?

にも書きましたが

「魅力的に見られやすい一年。今年は存在感も高まります」

まさしく今年はこんな感じになっているのではないでしょうか。

特に芸能界にいて一躍脚光を浴びるとなると、

一般人以上にその傾向は強く出ると思います。

 

もともと紫微七殺タイプの人は、

運勢的にかなり急激な浮き沈みを経験する人が多いので、

勢いがつくと一気に頂点を目指すといったパターンになりやすいです。

 

ブルゾンさんの第一印象として、

最初、「天府星が効いているのでは」と思っていたのですが、

やはり命盤を見てみると、交友宮に天府星が入っていました。

交友宮は「一般大衆、メディアを通じて見せる顔」だと過去記事にも書いていますが、

テレビで見せるキャラはまさに「天府星」そのもの。

天府星のキャラはタロットに例えると「女帝」でしたよね。

「女帝」と「紫微天府」タイプに共通する「幸せ」の基準

 

男性二人を従えて上から目線のキャリアウーマンという設定は

まさに女王様。

「女帝」の雰囲気そのものです。

ネタ自体も恋愛に悩む女性たちに上から目線でアドバイスをするというものですが、

これがまた妙に説得力があって、

ご本人のカウンセラー的な要素とうまくマッチしています。

さすが、占いができるというだけあって、

笑いを取りながらも、ズバリ鋭い指摘をするところがいいですね。

彼女の占いを受けてみたいという女性も急増しているとか。

女性に支持されるのも納得です。

このカウンセラー的気質の部分は福徳宮の天刑星の影響ではないかと見ています。

 

命盤全体を見てみると、

三合のトライアングルがかなり良い星の配置をされています。

注目するのは

父母宮-交友宮-子女宮の三合の「他宮」トライアングル。

兄弟宮-疾厄宮-田宅宮の三合の「我宮」トライアングル。

副星との相性やいくつかの好条件が重なっているのが見てとれるのですが、

ここがキーポイントになっているのではないかと推測できます。

 

ウィキペディアで調べてみると「2013年から芸人を目指した」そうですが、

太歳飛星で判断すると化禄、化権、化忌が相性の良い宮に入る年に合致しています。

この年に人生の軌道修正をし、大限が切り替わったちょうど2015年に

「ブルゾンちえみ」の芸名でスタートしているんですね。

大限飛星の法則で見ると、今年よりも3年後からの運勢のほうが強くなっていますので

ブルゾンちえみさんの活躍はまだまだこれからではないかと見ています。