生命線に寄り添う影響線の記事は書きましたので

生命線に寄り添う長~い影響線は何を表す?

今回は運命線から伸びる影響線について書いてみます。

 

どちらも「影響線」と呼ばれ、

運命の出会いを意味することには違いがないのですが、

運命線から出ている場合は、

必ずしも「人生のパートナー」とは限りません。

 

運命線から出る影響線には主に2種類のタイプがあります。

一つは運命線から月丘に向かってななめ下に伸びる線です。

月丘は基本的に「他人との関わり」を意味しますので

運命の相手とは人からの紹介で出会う確率が高いことを示唆しています。

さらに運命線自体が月丘から伸びている場合だと

「他者」との繫がりがさらに強まり、

人から助けられたり、人気にも恵まれることになりますよ。

このタイプは人から大切にされる傾向がありますから

パートナーからも大事にされる方が多いです。

また、女性は運命線は薄いほうが幸福度を感じやすい傾向があるのですが、

濃くはっきりとした運命線だとキャリアを重視しやすい傾向があります。

 

もう一つは太陽丘に向かってななめ下に伸びる線です。

太陽丘は「身内」を意味しますので、

親、兄弟など親族からの紹介が良い出会いに繋がるというケース。

また、運命線の始点が手首側からだと

自力で道を切り開いていく傾向が強く

やや男性的な性格の人に多く見られます。

なんでも自分がやらないと気が済まないという人も多く、

頼もしく頼りがいがあるタイプです。

 

運命線から斜め下に伸びる線が

「他人」を表す月丘に伸びているのか

「身内」を表す太陽丘に伸びているのか

いずれにせよ、

影響線が運命線と合流する時期に良い出会いに恵まれる

ということは間違いありませんので、

こうしたご縁は大切にしていきたいですね。

生命線に寄り添う影響線は

「人生のパートナー」との出会いの時期や幸せな結婚生活

を暗示する幸運の線でした。

しかし、運命線から伸びる影響線は

必ずしも「人生のパートナー」とは限りません。

広い意味で「運命に影響を与える人」という意味ですので

それが仕事のパートナーとしての出会いを意味することもあるのです。

漫才コンビに例えるなら「相方」との出会いかもしれませんね。