先日、鑑定にお越しになったお客様は

ご主人の分と合わせてお申込みいただき、

お二人の命盤を並べて鑑定させていただきました。

奥様は僕の一つ年上でしたが、

学生時代に今のご主人と出会い、

数年のお付き合いを経て結婚され、

今はお子様にも恵まれ、

今回は今後の運気の流れなどを知りたいとのご相談でした。

命盤を拝見すると、

奥様がご主人と付き合い始めた年は、

奥様にとって出会いや結婚に恵まれる年運で、

入籍した年は今度はご主人にとって

出会いや結婚に恵まれる年運にぴったり合致していました。

学生時代に出会い、そのまま結婚に至るケースは

僕の経験上では2割もないのではと感じていますが、

結婚が比較的早い女性に共通しているのは「明るさ」だと感じています。

運気のタイミングも勿論大切なのですが、

それに加えてその人の雰囲気や、清潔さや明るさ。

こういう人は服装も黒やモノトーンを好む人は少ない気がします。

良きご縁に恵まれる出会いの運気は誰にでも巡ってくるものですが

普段から、赤、黄色、オレンジ、ピンク、パステルカラーなどの色を

生活に取り入れている女性は出会いのタイミングを逃していないのも事実です。

東洋の陰陽マークのように「明」と「暗」は対の関係になるのですが、

出会いを求めるのであれば、普段から明るい色の服装に変えてみるといいですね。

これは女性だけに限らず、男性でも同じです。

 

逆に黒や紺など、暗めの色を使うときは

何かに没頭している時や一人で研究や勉強などをしているときに

取り入れることをおすすめします。

僕が紫微斗数の研究に没頭していた時期は無意識に黒い服を好んでいましたが

今思えば、自分でも集中的に取り組めていたなと感じています。