初めて訪れた広島

名物のお好み焼きを食べそこないましたが

今月は急遽広島まで行く予定があり、

昨日は東京に戻る直前、福山駅のカフェにて鑑定をさせていただきました。

ブログでの急な告知にも関わらず、

ご依頼を頂きましたI様、ありがとうございました。

2年前から僕のブログを読んでくださっていたようで、

命盤を拝見すると、ちょうど来年の2018年から大限が切り替わり

手相の流年で見た開運線(しかも両手にあり!)と一致していましたので、

開運期を間近に控えたベストなタイミングでお越しいただきました。

大まかな人生の流れは決まっていて、今が一番厳しい時期と出ていましたが

来年からスタートする大限では飛星の法則が当てはまっていましたので、

チャンスの時期到来、まさに今が「転換期」ということを意味しています。

お仕事のことを中心に今後の運気についての詳細はご本人にしっかりとお伝えしました。

 

鑑定を「受けるタイミング」というのものはあると思います。

鑑定という形ではあるものの、占い師とお客様との出会いも一期一会。

真剣な思いで僕を信用し、お越しいただくのですから、

僕も限られた時間の中でなるべく多くのことをお伝えしたいという思いで

鑑定に当たらせていただいています。

また、お話を伺っていく中で、偶然の一致とは思えないこともよく起きます。

今回の広島出張もそうでした。

 

「占機(せんき)」という言葉がありますが、

人によって占いを受けるタイミングは異なっても

何かをふと感じて鑑定を申し込む。

それは決して偶然ではなく、

そこには必要な情報を得るための「しかるべきタイミング」というものがあると

僕は感じています。

 

あっという間の出張鑑定でしたが、

普段はお目にかかることはできない遠方のお客様に

こうしてご縁をいただけたことは大変嬉しく、

僕にとってもとても良い経験になりました。

今後も時間が出来ましたら出張での鑑定も取り入れていきたいと思いますので

よろしくお願いいたします!