n825_lalaponcyan_tp_v

爪に出現する白点は「幸運を呼ぶ白点」と呼ばれますが、

昨日、三重県からお越しになられたお客様の左手薬指の爪に大きな白点

出ているのを発見しました。

白点はこれまで何度も見ていますが、

吉祥寺に来てからは初めて見ましたので僕も嬉しくなりましたね。

 

紫微斗数に興味をお持ちで、「婚期の時期」を知りたいということでしたが、

僕はお客様の爪もさりげなくチェックしています。

大きくてくっきりとした白点が出ているのを見つけましたので

「薬指に白点が出ているので幸運期に入っていますよ」

とお伝えしました。

こちらがその写真(お客様に掲載の許可をいただきました)

img_0706

一か月前から出ているそうです。

白点が出るのは今回が二度目のようで、以前は中指に出ていたこともあり、

そのときはお仕事の移転などで環境が大きく変わったという体験談をお聞きしました。

白点が出ている時点で、もうすでに幸運期に入っている証拠。

紫微斗数で見ても「2017年が婚期」と出ていましたし、

手相の流年で見ても、同じ時期に「結婚の印」が出ているのが確認できました。

あとは、お客様本人が「結婚する!」と決めて行動に移せば自然と良い出会いを

引き寄せます。

 

いつもブログで書いていることですが、

いくら占いで「幸運期」や「婚期」に入っているとお伝えしても

本人が乗り気でなかったり「変化を望んでいない」ケースだと

せっかくのチャンスに何も起きずスルーしてしまうことがあります。

 「結婚している人」と「結婚していない人」 の違い

 幸運の兆しを感じ取れる人とそうでない人

爪の「白点」や手相の「開運線」、

占いで見る「チャンスの時期」などで

「幸運期」を事前に知ることができたら、

あとは、お客様自身が意識や行動をいかに「変化」させることができるか。

これが重要なポイントです。

2017年を迎える絶好のタイミングでアドバイスをさせていただくことができましたので

近々、嬉しいご報告が聞けるのを楽しみにしたいと思います。

 

ちなみに白点は指によって意味合いが変わりますので参考にしてみてください。

親指    愛する人の出現

人差し指  希望が叶う、栄転や仕事に関すること

中指    移動や引っ越しの幸運

薬指    配偶者の出現、理想のパートナー

小指    金銭の喜び、子宝