tc9v9a4282_tp_v

生命線に沿うように長~く伸びる「影響線」

そのほとんどは結婚相手との出会いの年齢からスタートしています。

僕が見た限りでは、20代で出ているケースが大半ですね。

%e5%bd%b1%e9%9f%bf%e7%b7%9a

この線は幸せな結婚生活を続けている女性に良く見られる線です。

特に専業主婦に多く、旦那様のことをとても大切にする奥様に多く見られます。

ともに寄り添う形で生命線から伸びていると

出会った時から

「あっこの人と私は結婚するんだ」

とインスピレーションを感じたとおっしゃるお客様もいらっしゃいました。

「盲目的な恋」というよりも「細く長く」愛情を穏やかに継続し続けながら、

友達のようにお互いを信頼し、相手を支えているケースによく見られますよ。

 

マラソンに例えると、

最初から飛ばしすぎると途中でガス欠を起こしてしまう恐れがありますが、

この場合は、お互いのペースをもってゆっくり時間をかけ

二人三脚で結婚生活を続けていく様子を表します。

手相というのはあくまでも「本人を基準」に描かれています。

「世間一般の基準」よりも「本人が幸せかどうか」が大切。

 

ですので、

この相をもっている女性を奥様に選ばれた旦那様は幸せ者ですね!

常に奥様から愛されていますよ。

書籍などによっては

「影響線が途切れる時期に離婚する」などと書かれていますが、

そんなことはなくて、それまでの愛情がカタチを変えただけ。

「恋愛」から「家族愛」に変化するといったように。

そもそもこの影響線が生命線の一番下まで伸びているケースは

僕も見たことがありませんので

途中で切れているからといって心配する必要はありません。

 

数年先の未来の出来事が手相に描かれているとなると

やはり「人生のシナリオ」などはある程度決まっているのだと思います。

長~い影響線を持つパートナーと巡り会えるなんて

ひょっとすると前世でも夫婦だったのかもしれませんね。