you86_ninpusan_tp_v

恋愛線は生命線から小指側の感情線に向かって伸びる線が代表格ですが、

この線は「妊娠」の時期も表すことがあります。

%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e7%b7%9a

手相の線は本人基準で描かれているので、

一概に同じ線であっても同じ意味になるわけではなく

手相の印象など総合的に見ていく必要があるので

本で読んだ知識だけでなく、実際にみる訓練が大切になってきます。

 

以前鑑定したケースですが、

左手にこの妊娠の線がハッキリと26歳と28歳の年齢に立て続けに

刻まれている女性がいらっしゃいました。

もともと手全体の印象や人相からして、感受性が鋭い運気の強い方だな

と第一印象で感じていたのですが、

これくらいハッキリした線ですと「生まれる前から」の予定として

すでに決まっていることがほとんどで、後天的に刻まれた線ではありません。

それだけ縁の深い関係にある子どもを授かることを意味しています。

 

一人目は長男で二人目が長女を出産。

長女を妊娠する前に奥様は不思議な夢をみたことを話してくれました。

「○○○(長女の名前)がもうすぐそこにいくからね」

と金色の光に包まれた光景の中で、

女の子の声でそういう言葉がハッキリ聞こえたそうです。

スピリチュアルな視点でみると

「母親を選んで生まれてくる」となりますが

実際にそういうケースはよく聞きますし、

前世でもよほど縁が深かったのではないかと思います。

 

さらにご主人の手相や紫微斗数の運気で見てもこの兆候は出ていました。

大歳命宮飛星の法則でみると、

「子供との関わり」を示す「子女宮」の象意として

ご主人の命盤にも子供を授かるタイミングがしっかりと出ていました。

ご夫婦揃って、手相や紫微斗数でみる運期の流れと一致していることを考えてみても

「運命の人」と結婚しているということになります。

ご主人の命盤においても、

「婚期の法則」に当てはまる最高の運気で奥様と出会いすぐに結婚されていましたので。

お二人のお子様たちの運気を大限飛星の法則で見ても

運気の強い時期が長く続いていて、奥様によく似た命盤をされています。

お客様でも両親のどちらかに非常によく似た命盤をお持ちの方は多いです。

それだけ生まれ持った魂のレベルが似ていることを暗示していると考えられます。