img_8235isumi_tp_v

生命線には人生のイベントが刻まれていますので

『流年法』が読める鑑定士に見てもらうと

独立や結婚、出産など「人生のイベント」の時期を詳細に知ることができます。

人差し指の幅を基準に

21歳、29歳、40歳・・・

と見ていくのですが、慣れないと初心者には難しいと思います。

生命線から出た「開運線」を見るポイントは大きく分けて2つ。

線の先がどこに向かっているかということ。

ポイント①中指にむかってスッと伸びている

%e5%9b%b36%e5%9b%b39

中指は、

西洋占星術では「土星」

紫微斗数では「武曲星」にあたります。

つまり、「努力」「忍耐」「試練」を表しますから、

中指に向かって伸びている開運線は、

「これまで努力してきたことや試練に耐えて取り組んできたことが報われる」

もしくは

「その年齢から努力をし始め、何かに夢中になること」

を意味します。

「積み重ねる」という意味もあるので、

この年齢から始めたことは長く続けていくテーマにもなります。

例えば、

独立、開業、試験に受かる、資格を取るなど、

これまでの努力が実を結んだり、

それまでのんびりと人生を過ごしていても

この時期からは人が変わったように努力し始める暗示があり、

逞しくみられる時期でもあります。

 

ポイント②薬指にむかってスッと伸びている

薬指は、

西洋占星術では「金星」

紫微斗数では「廉貞星」にあたります。

つまり、「恋愛」「金運」「人気」などを表しますから、

薬指に向かって伸びている開運線は、

「他者と共有できる嬉しい出来事」

が起こることを意味します!

一番多いのが「結婚」ですね、

また「収入の増加」などお金に関する嬉しいこと。

主に、他者と関わっていく中で喜びを感じる場面に遭遇します。

「魅力的」に見られる時期でもあるので存分に楽しみましょう!

ただし周囲の妬みには注意が必要。