4499103c-422d-4c01-bee1-3f46f79836cf

 

「皇帝」

一国の主である王様。

椅子に堂々と腰かけた威厳ある風格はとても頼もしいです。

 

紫微斗数でみると「七殺星」のイメージがあります。

実際に鑑定でタロットを使用すると

「紫微七殺」タイプの命盤をお持ちの方は

「皇帝」を引く確率がとても高いことに気付きます。

潜在的に

プライドと威厳、統率力と実行力

を「紫微七殺」の人はお持ちですが

本来もっているリーダー的資質が出てくるかどうかは

「家庭環境」や「学生時代」の影響にもよります。

試練や葛藤、怒りの体験を経験している「紫微七殺」の方のほうが

このような傾向が強いと感じます。

兄弟姉妹、ライバルなど張り合える「競争相手」がいたほうが

紫微七殺タイプは「燃える!」と感じるのではないでしょうか?

学校の試験で高得点を取るために、一生懸命頑張って勉強する。

勝ち負けにこだわるので、負けてしまった時の落胆とやり場のない「怒り」を

全く関係ない第三者に当たり散らすことがあれば、少し悪い面が出ている時です。

負けず嫌いは勉強だけでなく、スポーツでも発揮されます。

とくに七殺に「火星」が加われば運動神経もよく、短距離走が得意ではないでしょうか?

以前鑑定した女性のお客様がまさにこのタイプで、

学生時代100メートル走をたしか「11秒台」で走っていたようです!

七殺のスピードそのままですね。

もしこのブログを読んでいるお母様方にアドバイスするとしたら、

お子様の命盤で「七殺・火星」の組み合わせをもっているのでしたら、

迷わず小さいときから運動させてください。

大人になってからでは発揮する場面も少なくなりますので、

なるべくいろいろな刺激を与えると反射神経も鍛えられますよ。

逆に試練も何もなく平穏な日々に慣れ過ぎてしまっている人は、

エネルギーを出すきっかけや生まれ持った資質を活かせる場所もないので

「紫微七殺」であっても温和な印象の人も見られますね。

 

アドバイスカードにタロットカードの「皇帝」が出ているときは、

あなたに「威厳」と「リーダ-」としての資質が問われている時でもあります。

僕の鑑定にお見えになるお客様は経営者や医療関係の方がなぜか多いのですが

部下を持つ人、人の上に立たないといけない立場に抜擢されるときは

皇帝のカードが出やすいです。

部下に厳しいことを言って

「自分が嫌われたらどうしよう?」と逆に不安になる必要などありません。

それは相手を心配しているようでいて、自分のことを中心に考えている心境ですよね?

時には嫌われ役の立場を買って出ることが必要なことを「皇帝」のカードは示しています。