0i9a5633isumi_tp_v

本日、受講生の方から興味深いお話をうかがいましたので

掲載の許可をいただき、ご紹介したいと思います。

彼女は占いの勉強は全くの初めてでしたが、飲み込みも

はやく3か月ほどで命盤を読めるようになりました。

 

 

この間の紫微斗数の夏の集まりの時、新幹線でばったり地元の友人に会いました。

お寺の住職の奥さんで、もともと東京で絵本専門の本屋に勤めていたそうで、

たくさんの蔵書や知識を生かして自宅で絵本の読み聞かせなど

ボランティア的な活動をされています。

前の席に座っていて、まあ偶然!!と驚いたのですが、

それだけでなく、

帰りの新幹線で、私が東京から乗っていた車両に、

彼女が上野で乗ってきて、行きも帰りも一緒になったんです。

こんな偶然あるんだな、て思って、

生年月日時を聞き出して命盤出してみたら、

これがもう、私とそっくりな命盤。

十干は違いますが命宮などの配置は同じで副星の位置もほぼ同じ。

こういうことってあるんですね。

彼女も絵本のお店開きたいなんていう夢もあったらしく、

興味の方向性もやっぱり似ていて、なるほどなあという気にもなりました。

ちなみに、

教わった婚期の読み方で結婚の時期をみて、確認してみたら、当たっていましたよ!!

その年に付き合いだして次の年に結婚されたそうです。やっぱり、あたりますねえ。

 

Kさん

メールいただきありがとうございました。

地元の友人と行と帰りの新幹線が同じだけでなく、命盤まで似ているとは!

シンクロが起きるときは開運期が近づいている証拠ですよ。

しかも絵本まで書いているとはKさんのこれまでやってきたことと

5年後の開運期が見事に一致していますので、

運勢の波に乗れているという事です。頑張ってくださいね!

応援しています。